疲れに負けない、効果的な疲労回復方法を探そう

肉体的疲労の回復方法

睡眠

疲労回復を目的とした睡眠をとる場合、毎日7時間は睡眠時間を確保し、22時から2時までの間は眠りについているのが理想的です。この時間帯に睡眠をとると成長ホルモンの分泌が促され、睡眠の質が高まると言われています。

逆に、深夜0時を過ぎてから就寝すると、たとえ7時間以上眠ったとしても睡眠サイクルが崩れてしまい、質の良い睡眠はとれないと言われています。

睡眠の質を高めるためには、健康的な生活を心掛けることが大切です。十分な睡眠時間を確保することもそうですが、就寝、及び起床時間を固定し、日中にしっかりと活動すること、また、運動や食生活にも気をつけることで、睡眠の質は高まってきます。

さらに、眠る前に軽いストレッチや深呼吸を行うと、全身に十分な量の酸素が取り込まれ、血行も良くなりますので、肉体に溜まった疲労物質が分解されやすくなり、疲労の回復に繋がります。

私たちの身体からは、眠っている間にもどんどん水分が失われていきます。身体から水分が失われると、血流が悪くなり、また、喉も渇きます。すると脳に信号が送られ、十分な睡眠がとれていなくても覚醒してしまい、心身に負担がかかります。

これでは、疲労が回復するどころか、逆に、脳も身体も疲れてしまいます。そうならないためにも、睡眠前にはコップ一杯の水分を補給しましょう。ただし、アルコールは厳禁です。よく、アルコールを摂取するとぐっすり眠れるなどと言いますが、アルコールにはカフェインなどと同じく睡眠を妨げ、睡眠の質を低下させる働きがあるのです。

疲労の種類
末梢性疲労
中枢性疲労
生理的疲労
病的疲労
疲労のメカニズム
他覚的疲労
自覚的疲労
エネルギー不足
酸化ストレス
脳の失調
予防法
慢性疲労症候群
症状
診断基準
治療法
精神的疲労の回復方法
快感
癒し
深呼吸
入浴
睡眠
アロマセラピー
笑い
肉体的疲労の回復方法
食事
運動
入浴
睡眠
疲労回復に良い食べ物
うなぎ
鶏の胸肉
生姜
炭酸水
はちみつ
その他

Copyright (C) 疲れに負けない、効果的な疲労回復方法を探そう All Rights Reserved