疲れに負けない、効果的な疲労回復方法を探そう

肉体的疲労の回復方法

入浴

精神的な疲労を回復させるためには、40度弱のお湯に20分ほど入浴するのが有効だと言われていますが、肉体的な疲労を回復させるためには、少し熱め(42~43度くらい)のお湯で10ほど半身浴をするのが最適だと言われています。

こうすることで、血液の流れが良くなり、大量の汗と共に、溜まっていた疲労物質や老廃物も排出されやすくなるのです。しかしながら、熱いお湯に浸かると心臓や血管に負担がかかりますので、健康な方も勿論ですが、身体などが弱い方は、特に注意が必要です。

熱いお湯に長時間浸かってしまうと、心臓や血管に負担がかかるだけではなく、皮膚が熱さを痛みとして受け取ってしまいます。

そうすると、それが肉体的にも精神的にもストレスとなって、疲労を回復させるどころか、逆に、身体を疲れさせてしまいます。熱いお湯に浸かる時は短時間で、半身浴だということを忘れないようにしてください。

また、熱いお湯に浸かると一気に体温が上昇しますが、一定時間を過ぎると、急激に体温が低下します。人間は、体温が下がると眠たくなる性質を持っていますので、これをうまく利用することによって、スムーズに眠りにつくことができるようになります。

肉体的疲労を回復させるためには、寝る時間の数時間前に入浴をして体温を上げ、体温が下がってきた頃に横になるのが一番理想的なのです。ただし、熱いお湯に浸かると交感神経が刺激され、脳が興奮状態になりますので、入浴後はあまり動いたりせず、好きな音楽を聴くなど、気持ちをリラックスさせられるような環境に身を置くことも忘れないでください。

疲労の種類
末梢性疲労
中枢性疲労
生理的疲労
病的疲労
疲労のメカニズム
他覚的疲労
自覚的疲労
エネルギー不足
酸化ストレス
脳の失調
予防法
慢性疲労症候群
症状
診断基準
治療法
精神的疲労の回復方法
快感
癒し
深呼吸
入浴
睡眠
アロマセラピー
笑い
肉体的疲労の回復方法
食事
運動
入浴
睡眠
疲労回復に良い食べ物
うなぎ
鶏の胸肉
生姜
炭酸水
はちみつ
その他

Copyright (C) 疲れに負けない、効果的な疲労回復方法を探そう All Rights Reserved