疲れに負けない、効果的な疲労回復方法を探そう

慢性疲労症候群

診断基準

名前の通り、慢性疲労症候群の特徴は慢性的な疲労ですが、「慢性疲労」と「慢性疲労症候群」は、きちんと区別して考える必要があります。

例えば、仕事が忙しくて毎日遅くまで残業している、兼業主婦をしていて一日中身体を休める間がない、などといった、疲労の原因がある程度わかっていて、日常生活を続けられる程度の疲労感である場合は、慢性疲労と呼ばれます。

そのほとんどは、十分な休息をとるなどすれば回復することができ、特別な治療は必要ありません。ただし、慢性疲労から慢性疲労症候群になってしまう場合もありますので、できるだけ疲労を溜めこまないよう、回復を心掛けましょう。

慢性疲労症候群は、精神的ストレスが原因である可能性があると言われる一方、風邪などのウイルス感染をきっかけに発症する場合が多く、現時点では、神経学的、免疫学的に何らかの支障が生じている病気であると考えられています。

以下、日常生活に支障をきたすほどの疲労感が半年以上続くこと、疲労の原因が病気によるものでないこと、厚生省の定めるCFS診断基準にある症状の8項目以上を満たすこと、の三つすべてに当て嵌まると、慢性疲労症候群であると診断されます。また、PS(パフォーマンス・ステイタス)という疲労の程度を評価する指標もありますので、一度調べてみると良いかもしれません。

慢性疲労症候群には、うつ病などの精神疾患を合併している場合も多く、これらを治療することで、慢性疲労症候群の症状改善に繋がることもあります。また、自分では気づかないうちに悪性腫瘍などが進行していて疲れやすくなっている場合もありますので、原因不明の疲労が続いた場合は、まず、内科医を受診してみてください。

疲労の種類
末梢性疲労
中枢性疲労
生理的疲労
病的疲労
疲労のメカニズム
他覚的疲労
自覚的疲労
エネルギー不足
酸化ストレス
脳の失調
予防法
慢性疲労症候群
症状
診断基準
治療法
精神的疲労の回復方法
快感
癒し
深呼吸
入浴
睡眠
アロマセラピー
笑い
肉体的疲労の回復方法
食事
運動
入浴
睡眠
疲労回復に良い食べ物
うなぎ
鶏の胸肉
生姜
炭酸水
はちみつ
その他

Copyright (C) 疲れに負けない、効果的な疲労回復方法を探そう All Rights Reserved