疲れに負けない、効果的な疲労回復方法を探そう

疲労回復に良い食べ物

その他

先に記した、うなぎ、はちみつなどの他にも、トマトやネギ類、山椒など、疲労回復に良いとされる食べ物はたくさんあります。たとえば、うなぎ料理によく使われる山椒には、体を温めて血行を良くし、内臓や脳の働きを強める効果があります。これにより、疲労回復の他にも、冷え症や消化不良の改善、咳止めなどにも効果があると言われています。

また、トマトに含まれるクエン酸やリンゴ酸は、体内の代謝活動を活発にし、疲労物質である乳酸を分解、エネルギー作りを促進し、疲労回復を促します。トマトには、ビタミンAやC、Eのほか、抗酸化作用の高いリコピンが含まれ、細胞を傷つける活性酸素を除去する効果もあります。クエン酸やリンゴ酸は、トマトの他にもグレープフルーツやレモンなどの柑橘系、りんご、パイナップル、キウイ、梅などに含まれます。

一方、精神的な疲労の回復に効果的な食べ物と言えば、辛味成分である硫化アリルを含んだネギ類です。硫化アリルは、ビタミンB1を吸収しやすくし、新陳代謝も高めてくれるほか、神経鎮静作用があり、精神的疲労の回復にはお勧めなのです。

しかし、硫化アリルは水に溶けやすく、また、熱にも弱いので、疲労回復効果を得たいときには、生のまま、水にさらす代わりにお酢などを使って辛味をおさえると良いでしょう。

ここに挙げた以外にも、ひじきや豚肉など、疲労回復の効果がある食べ物はたくさんありますが、これらをうまく組み合わせることで、相乗効果を得ることができます。

カルシウムとマグネシウムが豊富なひじきには、ビタミンCを多く含んでいるグレープフルーツやレモンなど、ビタミンB1が豊富な豚肉には、クエン酸が豊富なトマトなど、それぞれをバランス良く取り入れることで、上手に疲労回復していきましょう。

疲労の種類
末梢性疲労
中枢性疲労
生理的疲労
病的疲労
疲労のメカニズム
他覚的疲労
自覚的疲労
エネルギー不足
酸化ストレス
脳の失調
予防法
慢性疲労症候群
症状
診断基準
治療法
精神的疲労の回復方法
快感
癒し
深呼吸
入浴
睡眠
アロマセラピー
笑い
肉体的疲労の回復方法
食事
運動
入浴
睡眠
疲労回復に良い食べ物
うなぎ
鶏の胸肉
生姜
炭酸水
はちみつ
その他

Copyright (C) 疲れに負けない、効果的な疲労回復方法を探そう All Rights Reserved